読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Domain0の設定

[Domai0のメモリーとCPU設定]

/boot/grub/grub.confでDomain0のメモリーとCPUの割当ができます。
dom0_max_vcpusがCPUでdom0_memがメモリーです。
デフォルトは設定はないので、とくに設定しなくてもいいかもしれません。
Domai0のメモリーとCPUはそんなにいらない気がします。


# vi /boot/grub/grub.conf


# grub.conf generated by anaconda
#
# Note that you do not have to rerun grub after making changes to this file
# NOTICE: You have a /boot partition. This means that
# all kernel and initrd paths are relative to /boot/, eg.
# root (hd0,0)
# kernel /vmlinuz-version ro root=/dev/sda3
# initrd /initrd-version.img
#boot=/dev/sda1
default=0
timeout=5
splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
#hiddenmenu
title CentOS (2.6.18-128.el5xen)
root (hd0,0)
kernel /xen.gz-2.6.18-128.el5 dom0_mem=512M dom0_max_vcpus=1
module /vmlinuz-2.6.18-128.el5xen ro root=LABEL=/1 rhgb quiet
module /initrd-2.6.18-128.el5xen.img

【仮想ネットワークの設定】

Xenでは、デフォルトではブリッジ・モードになっている。今回はIPマスカレードをしたいので、NATモードに変更致します。

【NATモード】

■作業ディレクトリに移動


# cd /etc/xen/

■xend-config.sxpの編集して、NATモードにする。デフォルトではブリッジモードになっているので、それを無効にして、NATモードにします。

# vi /etc/xen/xend-config.sxp


#(network-script network-bridge)
#(vif-script vif-bridge)
(network-script network-nat-custom)

■現在動いている、ブリッジモードを停止する。

#/etc/xen/scripts/network-bridge stop

■NATモードを起動する。

#/etc/xen/scripts/network-nat start

【スイッチの作成】

■デフォルトのスイッチを停止する。


# virsh net-destroy default

■デフォルトのスイッチを削除する。

# virsh net-undefine default

ネットワーク default の定義は削除されています
デフォルトのスイッチを削除しない方がいいかも(-_-;)
どっかに保存の方がいいですね。
■ネットワーク定義ファイルへの移動
# cd /etc/libvirt/qemu/networks/

■ランダムなuuid値の生成。


# uuidgen

・定義ファイルの中で使うuuidを生成する。
■virbr0.xmlの編集

# vi virbr0.xml



virbr0
aaaaaaaa-aaaa-aaaa-aaaa-aaaaaaaaaaaa



■ネットワーク virbr0の定義


# virsh net-define /etc/libvirt/qemu/networks/virbr0.xml

■virsh net-autostart の自動起動

#virsh net-autostart virbr0

・ネットワーク virbr0 が自動起動に設定されました
■virbr0の起動

#virsh net-start virbr0

ネットワーク virbr0 が起動されました

【IP_Forwardの有効化】

■IP_Forwardの有効化


#vi /etc/sysctl.conf


# Kernel sysctl configuration file for Red Hat Linux
#
# For binary values, 0 is disabled, 1 is enabled. See sysctl(8) and
# sysctl.conf(5) for more details.

# Controls IP packet forwarding
net.ipv4.ip_forward = 1


・net.ipv4.ip_forward = 0 から net.ipv4.ip_forward = 1 に変更する。

■設定ファイルの読み込み


#/sbin/sysctl -p